新規導入設備(材料技術部門)


各設備の詳細は機器名から資料(PDFファイル)をダウンロードしてご覧下さい。


平成27年度

機器名
メーカー名・型式

主な仕様

サーマルデバイス評価装置
[装置概要]

[技術情報]

メンター・グラフィックス・ジャパン(株) T3Ster
測定方法:JEDEC 規格(JESD51-14)
熱測定分解能:0.01℃
時間分解能:1μs
給電電圧/電流:150V/200A

平成26年度地域オープンイノベーション促進事業(戦略分野オープンイノベーション環境整備事業)により設置したものです。


平成25年度

機器名
メーカー名・型式

主な仕様

高解像マイクロフォーカスX線検査装置
[装置概要]

[技術情報]

デイジジャパン(株)XD7600NT Diamond
管電圧/X線出力:30〜160kV/最大10W
解像度:0.1μm
試料テーブルサイズ:508×444mm
CT機能:直交CT、斜めCT両対応 

平成25年度 6 月補正予算 「 次世代産業創出支援のための開発機器整備事業 」 により 設置したものです。
高精度輪郭測定装置 
[装置概要]

[技術情報]

Carl Zeiss社 O-INSPECT 442
オリンパス(株) OLS-4100
《形状測定》
測定範囲:400×400×200mm
測定精度:スキャニング1.9+L/250(μm)
《面粗さ》
動作範囲:100×100×100mm
斜面測定:80度まで
対応規格:ISO-25178

平成25年度 6 月補正予算 「 次世代産業創出支援のための開発機器整備事業 」 により 設置しました。
高温型弾性率測定装置 
[装置概要]

[技術情報]

日本テクノプラス(株)  EG-HT
測定方法:動的測定法(共振法)
測定温度範囲:常温〜1200℃
測定項目:ヤング率、剛性率、ポアソン比他
試料サイズ:60×10×1.5mm(推奨標準形状)

平成25年度 6 月補正予算 「 次世代産業創出支援のための開発機器整備事業 」 により 設置しました。
粉体物性解析システム
[装置概要]

[技術情報]

日本ベル(株) BELSORP-max-N-VP-CM
大塚電子(株)  ELSZ-1000ZS
比表面積測定:0.0005m2/g以上
細孔径分布測定:0.35nm〜500nm
ゼータ電位測定:-200mV〜+200mV
粒径測定:0.6nm〜10μm

本装置は、経済産業省の地域新産業創出基盤強化事業にて設置しました。
マイクロ結晶方位解析顕微鏡
[装置概要]

[技術情報]

日本電子(株) JSM-7800F
二次電子分解能:0.8nm(1kV,15kV)
特徴:低真空モード、TTL(減速光学系)
分析:元素分析(EDS)、結晶方位解析(EBSD)、同時使用可

平成25年度 6 月補正予算 「 次世代産業創出支援のための開発機器整備事業 」 により 設置しました。
グロー放電発光分析装置
[装置概要]

[技術情報]

(株)リガク GDA750 T 
主分光器:パッシェン・ルンゲ型真空分光器
副分光器:CCD分光器(分析波長215〜770nm)
分析径:φ1mm、φ2.5mm、φ4mm

平成25年度 6 月補正予算 「 次世代産業創出支援のための開発機器整備事業 」 により 設置しました。
低温溶射装置
[装置概要]

[技術情報]

MMedicoat社 ACGS
コーティング可能材料:Al、Cu、TiO2など
ガス温度:室温〜900℃
使用ガス:N2、He、圧縮空気
ガス圧力:0.4〜0.9MPa

平成25年度 6 月補正予算 「 次世代産業創出支援のための開発機器整備事業 」 により 設置しました。


平成24年度

機器名
メーカー名・型式

主な仕様

材料強度試験機
[資料1]

[資料2]
(株)島津製作所
AG-300kNXplus

財団法人JKA補助物件
最大負荷容量: 300kN
ねじり試験最大負荷トルク: 500N・m
高温引張試験試: 300〜1100℃(大気中)
破断伸び測定可能

本装置は、財団法人JKA の競輪の補助金により設置した機器です。
冷熱衝撃試験機
[資料1]

エスペック(株)
TSA-72ES-A

本体部
 温度範囲:-70〜0℃(低温)、60〜120℃(高温)
 温度能力変化:-65℃⇔常温(5分)、常温⇔150℃(5分)
 テストエリア:W410×H460×D370mm
導体抵抗測定機能
 電気抵抗測定範囲:1mΩ〜1MΩ
 測定チャンネル数:40CH

本装置は、国の平成24年度電源地域産業関連施設等整備費補助事業にて設置した機器です。
金属組織試料作製装置
[資料1]

米国 ビューラー社
試料切断部:デルタアブラシメット250
熱間埋込部:シンプリメット3000
研磨・琢磨部:エコメット250プロ+オートメット
電解研磨部:エレクトロメット4

試料切断部: 最大切断試料径 φ95mm
熱間埋込部: 電子制御式加圧、埋込径 φ30、40、50mm
研磨・琢磨部: 研磨量0.05〜6.00mmを0.05mm単位で制御可能
電解研磨部: 最大出力 100V/10A

本装置は、国の平成24年度電源地域産業関連施設等整備費補助事業にて設置した機器です。


平成23年度

機器名
メーカー名・型式

主な仕様

プラスチック材料耐熱性評価システム
[資料1]

[資料2]
(株)東洋精機製作所
3M-2(荷重たわみ試験機)
DG-IB(アイゾット衝撃試験機)

 
試験片作成: 多目的試験片、衝撃試験片
耐熱性負荷方法:
  1.80MPa 及び 0.24MPa
  フラットワイズ法、エッジワイズ法
耐熱性温度条件: 昇温測定 2℃/分 最高温度 300℃
衝撃強さ評価: アイゾット衝撃試験(ノッチ加工可)

本装置は、国の平成23年度電源地域産業関連施設等整備費補助事業にて設置した機器です。
ハイブリッド型原子間力顕微鏡
[資料1]

[資料2]
(原子間力顕微鏡部)
 エスアイアイ・テクノロジー(株)
 NanoNaviU L-traceU
(光干渉顕微鏡部)
 ZYGO社
 NewView 7300

財団法人JKA補助物件
(原子間力顕微鏡部) NanoNaviU L-traceU
  面内分解能:0.5nm  垂直分解能:0.01nm
  試料サイズ:200mmφ厚さ12mm
  測定項目:高さ像,粗さ解析,3D像,位相,摩擦力,粘弾性,磁気力,表面電位 他
(光干渉顕微鏡部) NewView 730
  垂直分解能:<0.1nm   垂直走査範囲:≦20mm
  測定項目:3D像,面粗さ,線粗さ,周波数解析,膜厚計測 他

本装置は、財団法人JKA の競輪の補助金により設置した機器です。
材料硬さ測定システム
[資料1]

[資料2]
(ビッカース硬さ試験部)
 (株)マツザワ
 AVT-X7FS
(マイクロビッカース硬さ試験部)
 (株)マツザワ
 AMT-X7FS
(ブリネル硬さ試験部)
 (株)仲井精機製作所
 NBH-3

財団法人JKA補助物件
(ビッカース硬さ試験部) AVT-X7FS
  試験荷重:9.8〜490N (1〜50kgf) 8パターン
  試料高さ:70mm以下  計測機能:PCによる自動計測
(マイクロビッカース硬さ試験部) AMT-X7FS
  試験荷重:9.8〜19614mN (1〜2000gf) 12パターン
  試料高さ:120mm以下  計測機能:PCによる自動計測
(ブリネル硬さ試験部) NBH-3
  試験荷重:4903〜29420N (500〜3000kgf) 5パターン
  試料高さ:200mm以下

本装置は、財団法人JKA の競輪の補助金により設置した機器です。
音響パワー測定装置
[資料1]

[資料2]
スペクトリス(株) (ブリュエル・ケアー社)
(本体部)
 Type3160-A-042
(音響インテンシティ計測部)
 Type2270-G
(音響パワー計測部)
 Type4190

《以上は装置の主要部》

財団法人JKA補助物件
(本体部)
  音響分析入力:10ch  音響分析機能:FFT分析,オクターブ分析
  音質評価: バイノーラルマイクロフォンによるラウドネス(定常音、変動音),シヤープネス,ラフネス,変動強度,トーナリティ計測
(音響インテンシティ計測部)
  JIS Z 8736-1 (ISO 9614-1:1993), JIS Z 8736-2 (ISO 9614-2:1996), JIS C 1507:2006 対応
  測定対象画像と重ね合わたインテンシティ分布出力が可能
(音響パワー計測部)
  半無響10点法による音響パワー計測: JIS Z 8732:2000 (ISO 3745:2000),JIS Z 8733:2000 対応
  マイクロフォン:測定周波数 6.3-20[kHz]、内部雑音 14.6[dB(A)]

本装置は、財団法人JKA の競輪の補助金により設置した機器です。


spacerページ先頭へ戻る
当ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 | ©2007 Nagano Prefecture General Industrial Technology Center. All Rights Reserved.